Amazon商品レビュー倉庫

Amazon商品レビュー倉庫

アマゾンの商品レビューの保管場所です。アクションカメラ、PC部品、、アウトドア系ギア、プロジェクター、タブレット、アウトドア関係など何でもレビューを行っています。商品テスト依頼やサンプルレビューも大歓迎です。もしご意見などがあればメールアドレスcat-walk1969@hotmail.comまでお願い致します。Twitterは@amazonsampleです。右下にタイムラインがあります。なお、個人的にベストだと思った商品は「ベストな商品」というカテゴリーにまとめてあります。

Moobom US104キー メカニカルゲーミングキーボード有線USB オリジナル青軸 LEDバックライトキー付き【日本語説明書付き】

USフルサイズアルミ天板の青軸キーボードです。
 
【特徴】
■USフルサイズ
■ステップスカルプチャ構造
■メディアキー完備
■日本語説明書
■オリジナル青軸と予備スイッチ付き
 
外装はアルミ天板採用です。
驚くことにスイッチの予備が数個付属しています。
 
非常に詳細な日本語説明書が付属しています。
これだけでも価値があるほど詳しく書かれていますので、使用際して分からないことは少ないと感じます。
 
バックライトパターンは9種です。
そのうち2つにオリジナル点灯パターンを記憶させられます。
 
【オリジナル青軸について】
軸に刻印があるのですが、判読できませんでした。
ですが、どうも中華製の今まで見たことのないメーカーの青軸のようです。
 
実測でスペックを計測すると55グラム以上で底打ちするのでCherryMXの青軸よりもだいぶ重いようです。
また、こちらの青軸はカチャカチャとした音があまりせず、スイッチ感も薄いようです。
 
触った限りバラツキは少ないのですが、とても特殊な青軸のようで、かなりオリジナリティーが高いので要注意です。
 
【まとめ】
スイッチストロークやタクタイルポジションなどはおそらくCherryMX青軸と同じだと思われるのですが、かなり重めでなおかつスイッチの感触が薄いなどほぼオリジナルのスイッチだという理解で良いです。
触ると確かにキーは実測では重めなのですが、スイッチ感がほとんどないため、思ったよりも感触は軽めに感じるという不思議なスイッチです。
 
 
音に関しては、スイッチ音はあまりしないのですが、アルミの天板が音を反響してカシャンカシャンと独特な音がします。
 
感触も独特で、スイッチ自体の音はオリジナル青軸よりも小さいのは間違いないでしょうが、反響音が結構大きいのでトータルとしての音はそれなりに大きいです。
 
少しキーが重めの分、隣のキーを触ってしまう誤爆が減るのでどちらかというとタイピング向きのキーボードだと思われますが、従来のスイッチ感の強い青軸よりもゲーミングにも向いている感じはします。
 
キーの予備が複数個ついていますので、基盤ではなくスイッチのトラブルには対処できるようになっているところが凄いです。
ちなみにスイッチは付属の治具で引き抜くだけなので誰にでも出来ます。
 
【追記】
打ち味だけで云えば「茶軸」です。
なので正確に言えば「重い茶軸」というある意味おもしろい立ち位置のゲーミングキーボードです。
 
USレイアウトなので日本語かな入力すると、物理的に「ろ」のキーなどがなくなってしまいますが、これはキーアサイン変更ソフトで別なキーに強制的に割り振ることも出来ます。