Amazon商品レビュー倉庫

Amazon商品レビュー倉庫

アマゾンの商品レビューの保管場所です。アクションカメラ、PC部品、、アウトドア系ギア、プロジェクター、タブレット、アウトドア関係など何でもレビューを行っています。商品テスト依頼やサンプルレビューも大歓迎です。もしご意見などがあればメールアドレスcat-walk1969@hotmail.comまでお願い致します。Twitterは@amazonsampleです。右下にタイムラインがあります。なお、個人的にベストだと思った商品は「ベストな商品」というカテゴリーにまとめてあります。

【レビュー】RC-5 USB温度データーロガー 温度記録計 データレコーダー 高精度 32000ポイント 簡単に温度を記録し、解析できるデータロガー

f:id:catwalk1101:20160809183921j:plain

 

評価★★★★★

 

RC4温度ロガーの上位バージョンという位置づけの温度ロガーです。
いくつかRC4との相違点があります。

RC4との違い】
■水温計測などの接触プローブが付いていない
■RC5は防水性がある
■RC5は電池がCR2032と手に入れやすい物となった
■RC5のインターフェースはUSBとなった。RC4はミニUSBです。
■記録ポイントが2倍になった

と云うことが主な違いとなります。
要するに、RC4を防水にして接触プローブなどの水温計測機能を省いたバージョンです。
なので、主に屋外で使用したり、湿気の多いところではこちらのRC5の方が何かと便利です。

使われるソフトなどはすべてRC4と共通なのでソフト的な違いはありません。
また精度も温度キャリブレーションを行うのでまったく一緒の値に合わせることがPCで一発設定です。

ちなみにこちらはPCがないと設定もデータ取り出しも出来ないので要注意です。

【使用方法】
■最初にまずPCに接続して、付属CDからソフトをインストールします。
■ソフトを立ち上げると自動でRC5と接続します。
■パラメータセッティングで、時刻同期と温度キャリブレーションを行います。
■レコードインターバルで、計測間隔を指定します。
■セーブパラメーターでOKです。

後は計測地点に放置しておくだけです。

【オススメの使い方】
本体のボタンは「禁止」にしておいた方が不意にボタンを押して計測停止してしまうのを防ぐためにもオススメです。
これをやっておかないと時々誤ってボタンに触れてしまい、知らないうちに計測が停止していたりします。

ボタンを禁止にしても温度を見たり、MAX-MIN値を確認したりは問題なく行えますので心配いりません。

f:id:catwalk1101:20160809183935j:plain


【総評】
温度ロガーなので、温度を記録して内部にドンドンと貯めておく為の機器です。
僕はRC4の方を半年以上使用していますが、まったく問題なく、屋外放置プレイならRC5の方が気を遣わなくて良いと思います。

ただし、本機が雨に直接濡れると温度が低く計測されるので屋外といえども直射日光下と雨が常に当たるような場所への設置は避けた方が賢明です。

忘れた頃にPCに接続してデータを吸い出すと、外気温などがキチンと計測されていますので、非常に優れた計測器だと思います。

こちらは植物の管理からアウトドアでの温度記録、車内の冷暖房の効き具合や冷蔵庫の庫内チェックまで使える優れものです。
特に湿気の多い場所や万が一でも濡れる場所への設置があるのなら、RC5一択です。

f:id:catwalk1101:20160809183945j:plain

 

【追記】

文句なしにオススメです。

一個は持っておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 こちらは水温も測れるRC4です。

両方持っていますが、水温などを測らないのならRC5の方が便利です。