Amazon商品レビュー倉庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon商品レビュー倉庫

アマゾンの商品レビューの保管場所です。アクションカメラ、PC部品、、アウトドア系ギア、プロジェクター、タブレット、アウトドア関係など何でもレビューを行っています。商品テスト依頼やサンプルレビューも大歓迎です。もしご意見などがあればメールアドレスcat-walk1969@hotmail.comまでお願い致します。Twitterは@amazonsampleです。右下にタイムラインがあります。なお、個人的にベストだと思った商品は「ベストな商品」というカテゴリーにまとめてあります。

【レビュー】完全ワイヤレスイヤホン Q16 【サウンドピーツ】

f:id:catwalk1101:20170118161741j:plain

 

最近ではアップルの完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンが話題になっていますが、こちらも「完全ワイヤレス」のイヤホンです。

 

価格的には圧倒的に安く、完全無線の世界を垣間見ることのできる最新の製品となっています。 

 

【特徴】

 ■完全ワイヤレス

■Bluetooth4.2対応

■AAC対応

■CVC6.0対応マイク側ノイズキャンセル

■稼働6時間

 

装着感が意外によく、操作ボタンが分かりやすく押し安いです。

稼働6時間と通勤通学や一般的なスポーツでの使用に際しても問題にはならない長時間が確保されていると感じます。

 

【サウンドピーツ Q16音質】

 完全無線としては「買い」を推奨とさせて頂きます。

意外に悪い物ではなく、多少の歪みはありますが許容範囲でこの手の完全ワイヤレスの製品としてはよくできたものでしょう。

 

事前に予想していた音よりもずっとよく、この製品の本来の使い方であるといえる「スポーツなど」では十分な音質を確保していると感じています。

 

低音もよく出て、ボーカルもそれなりです。

特に評価すべきはAACコーデック対応という珍しい高音質規格対応製品となっています。

このAAC対応製品は比較的高額のしっかりとした製品でしか搭載されていませんので、中華系Bluetoothとしては極めて珍しい製品です。

 

音質はBluetooth製品としては並だが完全ワイヤレス製品としては評価できるだけの一般的な音質があると判断しています。

 

【注意点】

左右をふたつそれぞれ充電しなければ鳴りませんので、そこがちょっと面倒です。

 

f:id:catwalk1101:20170118161831j:plain

【サウンドピーツ Q16まとめ】 

音質もそれなりに良いもので、悪くありません。

 

使う前は完全ワイヤレスといっても元々ワイヤレスの線が無くなっただけで取り立ててメリットは無いだろうと思っていましたが、良い意味で裏切られました。

 

スポーツなどの用途には特に向いています。

本体はちょっと大きめなのですが装着しやすく、大きめな分、無くしにくいです。

頻繁な付け外しにも素早く対応でき、フックがあるので左右も分かりやすかったです。

 

 

 

 

 

【レビュー】 SENFER UE  KINDEN 【中華イヤホン】

 

f:id:catwalk1101:20170118030911j:plain

 

ベリリウムドライバーを搭載した2DDドライバのイヤホンで、中華製の中では特に有名な物です。

こちらはUEsではなくUEとなります。

 

有名ショップの国内在庫なので保証等を考えるとAmazonからの購入をお勧めしておきます。

 外観はプラスチックなものとなりますが、特に軽く、装着感はとても良いです。

【音質】

音の輪郭はまろやかなタイプでボーカルが比較的近く、ちょっとユニークな感覚はありますがエネルギーは十分に感じられます。


音質はパワーがあり、ボーカルは前にとグッと出てきます。

 

バランス的には中庸な感覚があり、低音は比較するとよく出ますがウォームな音質で特徴的な音がしますが、若干のなまりが感じられることも確かです。

音の輪郭が尖っていないので長時間視聴向きなイヤホンで、価格からすれば納得の1本でしょう。


どちらかというとボーカルを中心に楽しむべきイヤホンで、売れまくっている理由は分かります。

 

 【注意点】

ただしこのSENFER UE はシュア掛けにもかかわらず左右がまったく分かりませんので装着時にイラッときます。

他の方でシールを貼ったと書いている方もいますが、何らかのミスである可能性が高く、目印を付けないとなんとも装着が面倒です。

 

【まとめ】
ケーブルは取り外せるのでリケーブル可能です。

KINDENからMMCX用のケーブルも安価にでていますので、断線時にも強くオススメできます。

 

さすがに売れているだけのことはあって音のレベルは中庸なもので納得の1本となるでしょう。

KINDENはいままでもなかなか見所の良いイヤホンやヘッドホンを多数出していますが、そのうちの代表格となりそうな1本となっています。

 

とにかくバランスが良く、低音から高音まで良く描いてくれ、際だってボーカル域が厚めの音となっているので聞きやすさと同時にノリの良さがあります。

 

 

【レビュー】Jayfi JEB-101 カナル型 イヤホン HIFI 重低音 マイク付き イヤフォン

f:id:catwalk1101:20170109134536j:plain

 

Jayfi社のJEB-101となります。

 

クオリティの高いアルミニウム合金製で、キラキラと輝く美しいハウジングを持っています。金属の塊感があるので質感はとても良いです。

 

いわゆるビルドクオリティーという意味ではかなりの出来映えで、瑕疵がほとんどありません。

そこに納められているのは9.2㎜の1ダイナミックドライバーで、ポートは下面のコード付け根付近に設けられています。

 

ノイズキャンセルと云う事ですが、パッシブタイプなので耳に嵌めて遮音性を高める物なのであまり意味はありませんが、カナルタイプのため遮音性はそこそこ高いです。

 

【音質】

低音強化と書かれているとおりで、バランスがかなり低音よりになっています。

 

このイヤホンは特に重低音がよりブーストされるようで、40hz以下の重低音は相当な量を伴って出力されます。

 

その上の帯域にもソースによっては少し被ってくることが有り、低音向けとはいえロックなどの曲にはすこし重すぎるかも知れません。

 

中域はかなり暖かいイヤホンで、ボーカルのウォーム感はかなり強いです。

もともとドライバー自体がスーパウォームなところまで傾いている傾向がありますので、スッキリクッキリのhifi調の音ではなく、解像感よりもどちらかというと聞きやすさを重視したタイプだと思われます。

 

クール系やニュートラルな音調のドライバーが好きな方が選ぶイヤホンではありません。

 

音のエッジはマイルドに入りますので、痛々しい音というのはださず、アナログ調の音となります。

 

f:id:catwalk1101:20170110115951j:plain

【まとめ】

おそらくJayfiのJA40タイプの同ドライバーでハウジング違いの製品ではないかと思われます。

音の傾向が似ていますので、どちらも「重低音強化」のバランスで、音質はウォームです。

 

ちょっとソースを選ぶので特に重低音がガッチリはいった音源を聞くと飽和気味になるのですが、そういった音源をよく聞くのでもなければウォーム感たっぷりの暖かい音を楽しむことができます。

 

激しい音楽というよりも重低音が過剰なソースが苦手なようなのでロックなども聴けないと云う事はありませんが、どちらかというとアコースティックな音の方が得意なイヤホンとなります。